knowledge

【MG ミジェット】 ファン·トゥ·ドライブを実現したみんなのオープンカー

MG ミジェット概要

MGミジェットはイギリスの自動車メーカーBMCが1961年から1979年まで販売していた2シーターのオープンスポーツカーです。ミジェット(midget)とは、英語で「より小さい」という意味で、MGミジェットは小型で軽快なステアリングと快適性、手の届く価格帯を実現した「みんなのオープンカー」ともいわれます。18年間で10万台以上が生産されたため現在の日本でも200万円前後から購入が可能、パーツなどの情報もインターネットで手に入ります。イギリス車の人気がしだいに衰えを見せた1970年代の終わりまでその人気を維持したのは、何時間でも運転し続けたくなるような「ファン・トゥ・ドライブ」、現実的な価格設定が理由でしょう。

MGミジェットは、1958年に販売がスタートしたオースティン・ヒーレーのスプライト( 正確には1961年発売のマーク2から)の姉妹車種で、「スプライト」と「ミジェット」をあわせて「スプリジェット」と呼ばれることもあります。姉妹車種、兄弟車種と日本語では両方の言い方をしますが、英語では車を女性名詞として扱い、姉妹車種と呼びます。ドイツ語やスペイン語では車が男性名詞にあたるため、ドイツ車の場合は兄弟車種と呼ぶようです。双子車と呼ばれるケースもありますね。メーカーをまたぐ姉妹車の例としては、トヨタ・スープラx BMM・Z4、マツダ・ロードスターxアバルト・124スパイダー、日産・ジュークxルノー・キャプチャーなどがあります。

オースティン・ヒーレー・スプライトの特徴はなんといっても日本では「カニ目」、生産国イギリスでは「フロッグアイ(かえるの目)」、アメリカでは「バグアイ(虫の目)」として知られるポップアップしたヘッドライトです。デザイン的に渋くてかっこいい印象を与えるイギリス車が多い中、サイズや軽快な印象と相まって、異色の「かわいい」という形容がぴったりの車です。

※※※※※※※※

1958年から1971年に製造されたオースティン・ヒーレーのスプライトは自動車エンジニアでデザイナーでもあったドナルド・ヒーレーとBMCが20年間の契約でコラボレーションをした際の作品の一つとして生まれました。両者の目的はシンプルな枠組みを持ち、「バイク置き場にも置けるくらい」小さく、手頃な価格帯のスポーツカーを作ることでした。スプライトはモノコックボディに軽快なハンドリング、BMCのAシリーズエンジンを搭載した当時としてはモダンな車で、パーツの多くが社内から流用してコストをかけずに作られたおかげで低価格を実現、微笑んでいるように見えたカニ目が効果を発揮したせいか、爆発的なヒットとなりました。

※※※※※※※※

MG ミジェットのラインナップ

MGミジェットの5つのラインナップと製造年は次のとおりです。

・MGミジェット・マーク1(1961年-1964年)
・MGミジェット・マーク2(1964年-1966年)
・MGミジェット・マーク3(1966年-1969年)
・MGミジェット・マーク4(1969年-1974年)
・MGミジェット・1500(1974年-1979年)

MGミジェット・マーク1

1961年6月の終わりに発表されたマーク1はMG Tタイプ・ミジェットの後継車として、また車体が大きくパフォーマンスが素晴らしい分、高価格帯に位置するMGAに対する安価モデルとして位置していました。姉妹車であるオースティン・ヒーレーのスプライトとMGミジェット・マーク1との違いは、アイコン(badging)をはじめグリルのデザインと上質なインテリア、ボンネットに追加された縦のラインです。このラインはスポーツウェアに見られる縦ラインをイメージさせるもので、よりスポーツカーらしさを感じさせます。通常は丸いリアフェンダーが四角い形をしているのも特徴的です。

メカニカルの点ではオースティン・ヒーリーのスプライトと同じくオースティン社の948ccAシリーズエンジン、SUキャブレター、ブレーキは7インチのドラム式が採用されていました。1962年にはエンジンが1,098ccにバージョンアップされ、リアブレーキがディスクブレーキに変更されました。ドアノブはついておらず、ヒーターはオプションで追加が可能でした。MGミジェット・マーク1の生産台数は948ccエンジンが16,080台、1,098ccエンジンは9,601台でトータル25,681台にのぼりました。

MGミジェット・マーク2

1964年にはマーク2が登場します。マーク1との違いは、ドアノブが追加になり、手動開閉が可能な窓が装備され、運転席と助手席のそれぞれでロックが可能となり、フロントガラスが若干のカーブを帯びた点です。リアのスプリングはより一般的な楕円形のタイプに変更され、それにより快適性が向上しました。エンジンブロックが強化され、ベアリングが大きくなった結果、最大出力59hp / 5,750 rpm、最大トルク65 lb⋅ft (88 N⋅m) at 3500 rpmを記録しました。

MGミジェット・マーク3

MGミジェット・マーク3の登場は1966年です。エンジンの排気量は1,275ccに増えましたが、マニアにとって満足のいくものではありませんでした。理由は、マーク3に採用されたエンジンが1959年にBMCから発売されたミニクーパーSシリーズのエンジンをデチューンしたもので、ミニクーパーS では最大出力76hp / 5,800rpm であったにもかかわらず、65hp / 6,000rpm にまで落ち、最大トルクは72 ob/ft / 3,000rpmとなったからです。さらに圧縮比は9.75:1が8.8:1 となっていました。
マーク2からの改良点としては、幌が取り外し式ではなく固定となり、開閉がより簡単になったことです。

MGミジェット・マーク4

1969年発売のマーク4の特徴は黒いサイドシル、やや奥まった位置にはめ込まれた黒いグリル、MGBに採用されていた四角いテールランプです。これにより、マーク3までのミジェットよりクールで落ち着いた印象を与えることに成功しています。四角い形だったリアのフェンダーは1972年に、丸みを帯びた形に戻りました。さらにこの年、トライアンフ社のステアリングラックが追加になり、排気音が静音化されました。現在でも人気があるのはこのマーク4までで、次のミジェット1500では、ライトウェイトというMGミジェット最大の特長が失われた印象があります。

MGミジェット・1500

フェデラル・レギュレーションと呼ばれるアメリカの法律基準を満たすため、1974年発売のMGミジェット・1500には黒くて大きなプラスティック製バンパーが追加され、座席のポジションも高い位置に変更されました。これによりハンドリングに影響がおよび、重心が高くなったことに対応してアンチロールバーが追加されています。エンジンは厳格化したアメリカの排出規制に適合するためトライアンフ社スピットファイアの1,493ccスタンダートSCエンジンを採用、ギアボックスはモリス・マリーナのものが使われています。ボディ強度を上げる目的のため、1972年から1974年生産のモデルまでいったんは丸みを帯びたデザインに戻されたリアフェンダーが、再び四角いデザインとなっています。イギリス向けに製造された個体のうち最後の500台すべてが黒くペイントされました。

MG ミジェットのカラーバリエーション

皮シートとトリムは、モデルチェンジするごとに少しずつ変化していきました。MGミジェットはカラーバリエーションが豊富で、水色のエクステリアに濃紺のシート+白トリム、ブリティッシュグリーンの外観+キャメル色のシート、クリーム色の外装+ベージュの内装+木製ハンドル、さらにブラックのボディ、ハンドル、計器類+真紅のコンソール、パネル、シートなど色のセレクトと組み合わせで個性と印象の違いを楽しむことができました。この意味でも、MGミジェットは「ファン・トゥ・ドライブ」を体現していると言えるのではないでしょうか。

MGミジェットのスペック詳細

MGミジェット・マーク1のスペック詳細

エンジン:948 cc Aシリーズ I4
最高出力:46 hp / rpm
最大トルク:53 ft-lb / 2,750 rpm
最高速度:137 km / h
0−100km/h加速:20.0 秒
ボディサイズ:全長 3,454 mm、 全幅 1,346mm、 全高1,264mm
車両重量:695 kg
駆動方式:FR
トランスミッション:4速MT
乗車定員:2人
新車時車両価格:-

MGミジェット・マーク2のスペック詳細

エンジン:1098 cc Aシリーズ I4
最高出力:55 hp / 5,750 rpm
最大トルク:63 ft-lb / 3,250 rpm
最高速度:147 km / h
0−100km/h加速:18.0 秒
ボディサイズ:全長 3,495 mm、 全幅 1,346mm、 全高1,264mm
車両重量:676 kg
駆動方式:FR
トランスミッション:4速MT
乗車定員:2人
新車時車両価格:-

MGミジェット・マーク3のスペック詳細

エンジン:1275 cc Aシリーズ I4
最高出力:64 hp / 6,000 rpm
最大トルク:72 ft-lb / 3,000 rpm
最高速度:153 km / h
0−100km/h加速:16.0 秒
ボディサイズ:全長 3,495 mm、 全幅 1,394mm、 全高1,235mm
車両重量:715 kg
駆動方式:FR
トランスミッション:4速MT
乗車定員:2人
新車時車両価格:-

MGミジェット・1500のスペック詳細

エンジン:1493 ccトライアンフ スタンダードSCI4
最高出力:65 hp / 5,500 rpm
最大トルク:77 ft-lb / 3,000 rpm
最高速度:155 km / h
0−100km/h加速:13.0 秒
ボディサイズ:全長 3,581 mm、 全幅 1,390mm、 全高1,250mm
車両重量:805 kg
駆動方式:FR
トランスミッション:4速MT
乗車定員:2人
新車時車両価格:-

出典:wikipedia MG Midget

試乗やご質問などお気軽にお問い合わせください。
また、ベース車両を選んで、お好きな仕様・カラーに仕上げることもできます。
425-0004 静岡県焼津市坂本262-4 (営業時間 9:00-18:00|日・祝 10:00-17:00)