ベントレーS2 1961

お支払総額

480万円

(税込)

本体価格:480万円

(税込)

0066-9711-270239通話料無料携帯・PHS可受付時間 9:00〜18:00|毎週月曜定休

試乗のご予約 お問い合わせ
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
  • ベントレーS2 1961
1
/
37
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961
ベントレーS2 1961

MOVIE

POINT

ベントレーS2 1961

<ベントレーの歴史の中でも名作に位置付けれる「ベントレーSシリーズ」の歴史を紹介>

1961年式ベントレーS2が入荷しました!1955年に登場から10年間生産されたベントレーSシリーズの歴史を紹介します。

ベントレーS2 1961

世界最高レベルの伝統・品格が求められた車

最高級車というのは、そのスタイルにも伝統であるとか、それなりの品格が備わっていることが求められる。 世界最高の車であるロールス・ロイスとベントレーの場合ならば、そのふたつの資格が高いレベルでバランスしていたのが、1955年に登場、以後10年間にわたって生産されたシルバークラウドとベントレーSシリーズといえるだろう。どちらも長いボンネットを持ち、前後のフェンダーはボートが波を切るようなゆるやかなカーブを描いている。ルーフラインはやはりなだらかにトランクへと流れて行って、裾を翻して去っていく貴婦人の後ろ姿を思わせる。 そのスタイルは長いロールス・ロイスとベントレーに歴史の中でも、名作に位置づけられるべきものである。

しかし、シルバークラウド/Sシリーズが最初に計画された時には、これとは全く異なるスタイルが考えられていたのだという。その頃のロールス・ロイス社のチーフデザイナーは1913年生まれのジョン・ブラッチリー務めていた。彼は12歳の時から3年間、病気で入院生活を送った。 その間、ベッドで自動車の絵ばかり描いていたという。成人してからはその絵の才能を生かして、当時の有力なコーチビルダー(自動車のボディ専門のメーカー)のひとつであったガーニー・ナッティングで腕をふるい、1940年にロールス・ロイスに移籍している。

ベントレーS2 1961

歴史に残る名作のデザイン

そして1950年代に入って新型車の計画が語られ始めた時に、ブラッチリーもまた新型車のデザインを考え始めた。そして2年間をかけて新しいモデルのためのスタイルをまとめあげると、企画会議でそれを披露した。ところがそれを見た重役達の反応は、思わしくないものだったのだという。 彼らの意見の大勢は、新しすぎる、ということだったらしい。それなら、というので、ブラッチリーはすぐに別のスケッチを描いた(数時間で、という説もある)。それが経営者たちのオーケーするところとなって、シルバークラウド/Sシリーズのデザインが生まれたのである。 当初ブラッチリーが考えていたスタイルがどのようなものであったのか、知りたい気もするが、新しさを若干おさえてシルバードーンやシルバーレイスを穏やかにモダナイズしたシルバークラウドのスタイルが歴史に残る名作となったのだから、このモデルチェンジは大成功というべきであったろう。

またロールス・ロイス/ベントレーでは、モデルチェンジに際しても急激な新機構への切り替えを望まず、時間をかけて少しづつ替えていく手法をとっている。このシルバークラウド/Sシリーズの登場に際しても、シャシーにはあまり手を加えず、ボディを中心に新製するやりかたを採用した。

ベントレーS2 1961

V8エンジンを採用することを見越した設計

エンジンもまずは従来の直列6気筒を用い、4年後にようやく新設計の軽合金製V8に載せ替えている。直列6気筒とV型 8気筒では、エンジンの高さと幅が異なる。V8の方が高さと重心は低くなるが、幅は広くなるのが普通である。従って直列6気筒を積んでいた車のボンネットの中にV8を入れようとすると、スペースが苦しくなるはずだ。しかしシルバークラウド/Sシリーズのエンジンルームを見ると、V8エンジンがきれいに収まっているのがわかる。ということは、シルバークラウド/Sシリーズは当初からこのV8を採用することを前提に設計されていた、ということだ。

V8に積み替えられたシルバークラウド/Sシリーズは、車名の後にIIを加えて区別される。では6気筒からV8になってどのくらいパワーアップしたのかといえば、その答えは「わからない」なのである。ロールス・ロイスは長くエンジンの馬力数値を発表しないのが伝統となっているからだ。パワーはどのくらいか、という問い合わせが来た時に彼らが答えるのは、「充分なだけ」というセリフと決まっている。また、この頃のロールス・ロイスとベントレーとは、ラジエターグリルとラジエターマスコット(R-Rはフライングレディ、ベントレーはウイングドB)、それに一部の内装が異なるだけで、実質的には同じモデルである。ただ、販売された数はベントレーの方がずいぶん少なかったという。

ベントレーS2 1961

ベントレーS2 1961

ベントレーS2 1961

ベントレーS2 1961

ベントレーS2 1961

ベントレーS2 1961

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFESSIONAL

セールス/メカニック藁科 哲夫

プロからのひとこと

ベントレーの名作、ベントレーSシリーズが入荷しました!シートの状態も良く、美しい内装を維持しています。

状態・仕様

車種・グレード
1961 ベントレーS2
年式
1961年
走行距離
不明
ミッション
AT
排気量
不明
燃料供給方法
ガソリン
カラー
ホワイト
車検
無し
保証
-
備考
現状お渡し

装備

  • エアバッグ
  • エアコン
  • センターメーター
  • オーディオ
  • 右ハンドル
  • 左ハンドル
  • ABS
  • 横滑り防止装置
  • 盗難防止システム
  • 障害物センサー
  • カーナビ
  • TV
  • アルミホイール
  • 革シート
  • キーレス
  • ETC
試乗やご質問などお気軽にお問い合わせください。
また、ベース車両を選んで、お好きな仕様・カラーに仕上げることもできます。
425-0004 静岡県焼津市坂本262-4
(営業時間 9:00-18:00|日・祝 10:00-17:00)