works
作業紹介

1990年代後半に誕生した、「リアルスポーツカー」ロータス エリーゼ

「軽さ」を重視した「ロータス エリーゼ」の誕生

ロータス_エリーゼ_1

1990年代後半、ライトウェイトスポーツカー不在といわれている中、ロータス社はコーリン チャップマンの哲学、「軽さ」を重視したエリーゼを発表しました。

「ロータス エリーゼ111 MK1」の商品車詳細はこちら

エンジンはMGF 1.8iと同じローバー18K型をミドシップに搭載。
平凡な118psでも、アルミ素材を多用した結果、車両重量わずか690㎏、パワーウェイトレシオは5.84k kg/PSがもたらす体感速度は素晴らしく、ロータスの神髄を感じるリアルスポーツカーに仕上がっています。

<動画で「ロータス エリーゼ111 MK1」紹介>

ロータス・ヨーロッパを感じさせるライト周り

どことなくロータス・ヨーロッパを感じさせるライト周り。
プロトタイプ同様、ヘッドライトカバーが装着されています。

エリーゼ_ボディ

これ一つでもガラリと雰囲気が変わりますね!

引き締まったボディライン

全長3.7m 全幅1.7m、短くて幅が広いボディラインは、引き締まった印象を与えます。

ロータス_エリーゼ_バック

ロータス_エリーゼ_横

クルマの操縦に、理想を追求したコクピット

コクピットに乗り込むためにコツが必要ですが、一度乗ってしまえばクルマを操縦するのに理想的な適度なタイト感がその気にさせます。
因みにシートは角度調整を持たないタイプです。

ロータス エリーゼ コクピット

ロータス エリーゼ シート

ロータス社の意気込みを感じる徹底した軽量化

アルミの接合に特殊な接着剤を使用してサーキット走行にも耐える高い剛性を確保してあります。
90年代に誕生したとは思えないほど、徹底的に簡素化されたコクピットはパワステ、パワーウィンドー、エアコンの設定はなく、ラジオすら付いていません。

ここにもロータス社の軽量化に対する意気込みを感じます。

ロータス エリーゼ 中古車

ロータスエリーゼは旧き良き時代のロータスセブンを筆頭にエラン、ヨーロッパにも通じる生粋のライトウェイトスポーツカーです。
この素晴らしいエリーゼを体感してください。

お問い合わせお待ちしています。

「ロータス エリーゼ111 MK1」の商品車詳細はこちら

<動画で「ロータス エリーゼ111 MK1」紹介>

お問い合わせ

試乗・ご質問はお気軽にお問い合わせください。
積載車で全国に納車に伺うことも可能です。

お問い合わせはこちらから

お電話でお問い合わせ:054-639-6258

Classca
住所
〒425-0004 静岡県焼津市坂本262-4

Classcaの新着情報をお知らせします

試乗やご質問などお気軽にお問い合わせください。
また、ベース車両を選んで、お好きな仕様・カラーに仕上げることもできます。
425-0004 静岡県焼津市坂本262-4 (営業時間 9:00-18:00|日・祝 10:00-17:00)