TEL(054)
639-6258

NEWS! 2019.06.18 − 6月23日(日)は【臨時休業】となります

ドッキング作業中の「ワイルドミニ」!確認のためにシロマ工房さんを訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドッキング作業中の「ワイルドミニ」

ワイルドミニ_1

「ワイルドミニ四駆」のようなミニを作りたい……!こんな夢からはじった「ジムニー」と「ミニ」の合体プロジェクト。
製作には有名なボディショップ「シロマ工房さん」にご協力いただいています。

今週も御殿場市のシロマ工房さんにお邪魔して経過を確認しました!

と言うものの・・・
今回の訪問時は、前回とほぼ変わっておりませんでした。

前回の記事はこちら
「ワイルドミニ」作業開始!ドンガラになった2台がドッキング

ワイルドミニ_2

先週との違いはフロントグリルが付いた位でしょうか?
実は溶接作業にあたって、作業後に不具合が想定されるヶ所を詳細にチェックしていることがシロマさんのお話しで分かりました。

このまま溶接すると、ドア交換が不可能に?

このまま、鉄板をあてて溶接すると、万が一事故等でドア交換をすることになった時に
内側上下に留めてある下側のボルトを外すことが出来なくなるそうです。

そこでボルトを外すことが出来るように加工が必要になるため最善な方法を模索している事です。
その他に水をフェンダー内に溜めずにいかに逃がすか、そのことについても検討しているとの事でした。

確かにメーカーが全く違う2台の車をドッキングさせるためには色々難題はあります。

ワイルドミニ_3

リヤ周りはどうでしょうか?

今のところリヤ周辺は問題なさそうです。

そのため、小さな鉄板をあてて仮留めがしてありました。
画像では分かりにくいですが、ジムニーのリヤフロアにサビが発生しているので、こちらは鈑金修理を行うそうです。

ワイルドミニ_4

ワイルドミニ_5

地味な作業ですが、「住宅建築と同じで基礎工事をしっかりやらないと後々大変な事になるからね」とシロマさん。

今後も難題が待ち構えているかもしれませんが、ワイルドミニ製作は続きます。

次回もお楽しみに!

———————————————————
ローバーミニをはじめ旧車のレストア・修理・車検・買取まで、なんでもお気軽にお問い合わせください。
積載車で全国に引き取り納車に伺うことも可能です。

住所
〒425-0004 静岡県焼津市坂本262-4
TEL:054-639-6258
お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このシリーズの記事一覧

ローバーミニの買取なら専門店のClassca

Factory工場

Classca工場

INFO

Classca -クラスカ-

住所
〒425-0004 静岡県焼津市坂本262-4
TEL / FAX054-639-6258 / 054-639-6259
MAILinfo@classca.jp お問い合わせフォームはこちら
営業時間9:00〜18:00(日曜・祝日は10:00〜17:00)
定休日隔週月曜
詳細は営業日カレンダーをご覧ください
Classcaのコンセプト
かんたん問い合わせ

Classca かんたん問い合わせ×

Classcaにご訪問いただき、ありがとうございます。
かんたん問い合わせでは、項目を選択するだけでお問い合わせいただけます。
確認後、担当よりご連絡いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

メールアドレス※必須
項目を選択※必須
メッセージ任意