TEL(054)
639-6258

NEWS! 2019.06.18 − 6月23日(日)は【臨時休業】となります

「ワイルドミニ」作業開始!ドンガラになった2台がドッキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ボディだけ」のドンガラになったミニ

「ワイルドミニ四駆シリーズ」のようなミニを作りたい……!
そんな思いからスタートした「ワイルドミニ」製作プロジェクト。

前回の記事は、「ミニとジムニーの合体プロジェクト「ワイルドミニ」スタート!」

まずは、ミニの全てのパーツを取り外しました。
シャーシとボディを切り離し、ドンガラボディの状態にします。

まるでプラモデルのような状態です。

続いて、ジムニーは「シャーシのみ」に

ジムニーはボディパーツを全て外してシャーシのみの状態にします。
ボディを外すとマッドマックスの劇中車並みの大迫力に様変わり!

後方にはミニのドンガラボディがブラブラしています。

ワイルドミニ_エンジン

「ジムニーのシャーシ」に「ミニのボディ」をドッキング

ジムニーのシャーシにミニのボディを載せます。

この状態でボディを上下に移動して固定する位置を決めます。
シートベルトやラジエターなど各部の状況を確認しながら大体の取付け位置が決定しました。

ワイルドミニ

ワイルドミニ_正面

ワイルドミニ_1

この状態でもワクワクしてきますね!

フェンダーラインとタイヤハウスの間に大きな隙間が!?

ご覧の通り、
ジムニーのタイヤハウスとミニのフェンダーラインの間にはかなり隙間があります。

前輪も。

ワイルドミニ_3

後輪も。

ワイルドミニ_4

内側から確認すると隙間がはっきりと確認できます。

ワイルドミニ_2

インパネ付近も隙間がありますね。

ワイルドミニ_内装

この隙間になくすために、鉄板をあてて溶接する作業に入ります。

その前に型紙を起こします。

シロマさんとワイルドミニ_2

まずは左フロントフェンダーから作業に入りました。

シロマさんとワイルドミニ_3

シロマさんとワイルドミニ_4

特殊な板金作業を受けてくれた「シロマ工房」

今回、ミニとジムニーのドッキング作業を担当していただけるのは、ボディショップの「シロマ工房」さんです。
グラチャンの時代から、数々のマシンを手がけて来たスペシャルショップで、知る人ぞ知る有名店です。

シロマ工房

6月にブログで紹介した「有名ボディショップ「シロマ」工房で出会った軽自動車のスペシャルマシン」も、実はワイルドミニの打ち合わせで訪問しました。

「ワイルドミニ」は、絶対的な信頼をおけるスペシャルショップと組むことで実現したプロジェクトです。

これからシロマ工房さんの職人芸が冴える板金作業が始まります。
代表シロマさんの片腕、栗山さんが中心となって「ワイルドミニ」の製作を担当していただきます。

シロマさんの片腕、栗山さんとワイルドミニ

どのように大きな隙間が埋まっていくのか、ワクワクしますね!

次回の「ワイルドミニ」シリーズをお楽しみに。

———————————————————
ローバーミニをはじめ旧車のレストア・修理・車検・買取まで、なんでもお気軽にお問い合わせください。
積載車で全国に引き取り納車に伺うことも可能です。

住所
〒425-0004 静岡県焼津市坂本262-4
TEL:054-639-6258
お問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このシリーズの記事一覧

ローバーミニの買取なら専門店のClassca

Factory工場

Classca工場

INFO

Classca -クラスカ-

住所
〒425-0004 静岡県焼津市坂本262-4
TEL / FAX054-639-6258 / 054-639-6259
MAILinfo@classca.jp お問い合わせフォームはこちら
営業時間9:00〜18:00(日曜・祝日は10:00〜17:00)
定休日隔週月曜
詳細は営業日カレンダーをご覧ください
Classcaのコンセプト
かんたん問い合わせ

Classca かんたん問い合わせ×

Classcaにご訪問いただき、ありがとうございます。
かんたん問い合わせでは、項目を選択するだけでお問い合わせいただけます。
確認後、担当よりご連絡いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

メールアドレス※必須
項目を選択※必須
メッセージ任意