works
作業紹介

フェラーリ456GT エアコンコンプレッサー修理

フェラーリ456GT、エアコン不調のため入庫しました。


隠れたフェラーリの名車 フェラーリ456GTは、ピニンファリーナがデザインを手掛けてた2+2モデルで、フェラーリ最後となるリトラクタブルヘッドライトに、FR駆動、V型12気筒搭載のグランツーリスモです。
今回、エアコン不調のため入庫しました。確認したところ、エアコンをスイッチをONにすると、コンプレッサー付近から異音がします。
当然ですが、この状態ではエアコンも効きませんので、早速、コンプレッサーを取り寄せて交換作業に入ります。

作業開始です


先にオルタネーターを外さないと、エアコンのコンプレッサーが取り外す事が出来ないため、順番に作業を行います。


上が取り外したコンプレッサーで、下が今回取り寄せたコンプレッサーです。
それでは、組付け作業を開始します。同時に下周りの点検を行います。

取り付け作業完了


スムーズにエアコンコンプレッサーの取り付け作業が完了しました。
異音もなくなり、エアコンが良く効きます!


作業完了後、当店のガレージにて大切に保管です。
今年の夏も熱くなりそうなので、これで一安心ですね!

———————————————————
ローバーミニをはじめ旧車のレストア・修理・車検・買取まで、なんでもお気軽にお問い合わせください。
積載車で全国に引き取り納車に伺うことも可能です。

住所
〒425-0004 静岡県焼津市坂本262-4
TEL:054-639-6258
お問い合わせはこちら

試乗やご質問などお気軽にお問い合わせください。
また、ベース車両を選んで、お好きな仕様・カラーに仕上げることもできます。
425-0004 静岡県焼津市坂本262-4 (営業時間 9:00-18:00|日・祝 10:00-17:00)