works
作業紹介

全てのパーツを取り外しボディ内部の状態を確認「19年経過したミニメイフェアの全塗装」

各ボディパーツの取り外しが終わり、全てのパネルのチェックを開始

全てのパーツを取り外し、ボディ内部の状態の確認作業を始めました。
パーツを外さないと分からないサビや腐りが進行していることが多くあります。全塗装は、こうしたサビや腐りの確認をする良い機会なので、細かくチェックし、改善していきます。

リヤーウインドシールラバーの縮みによる雨水の浸入によってリヤーシートの下側パネルにサビが見られます。
シートのスポンジが、かなり水を吸っていました。

またトランク内のガソリンタンクの裏側にもサビが見られます。

シート下側パネル、タンク裏側はあまりサビが発生する部分ではないため、やはり雨水の浸入による湿気が原因だと思われます。

フロントウインドガラスの下側のチャンネルにもかなりの腐りが見つかりました。
この腐りのサビがドア内側のパネルを腐らせる原因になりますので、このパーツは要チェックです。

右ドア下側パネルに腐りが見つかりました。
まだ初期の段階ですが、しっかりした修理が必要になります。

あとリヤースカートパネルに大きな腐りがあるため、こちらはパネルの交換作業になります。
トランクルームにもいくつか腐りがみられます。
この部分は板金作業になります。

各所の状態を把握することができました。
これから本格的にボディ板金作業に入ります。続編をお楽しみに。

———————————————————

ローバーミニをはじめ旧車のレストア・修理・車検・買取まで、なんでもお気軽にお問い合わせください。
積載車で全国に引き取り納車に伺うことも可能です。

住所
〒425-0004 静岡県焼津市坂本262-4
TEL:054-639-6258
お問い合わせはこちら

Classcaの新着情報をお知らせします

試乗やご質問などお気軽にお問い合わせください。
また、ベース車両を選んで、お好きな仕様・カラーに仕上げることもできます。
425-0004 静岡県焼津市坂本262-4 (営業時間 9:00-18:00|日・祝 10:00-17:00)